伊万里黒釉の器。

rimg2427
伊万里焼 黒釉の器。

炊きたてのご飯が

きらきらと輝くための

飯椀をひとつ、持つ。

 

黒や黒褐色の陶磁器には釉薬としてrimg2425
黒釉が用いられます。
黒釉が生みだす深みのある味わい深い黒は、
使うほどに美しさが増してくるよう。

黒釉がつくりだした
奥深い黒の飯碗は
ほかほかの白いご飯との対比は
毎日眺めていても飽きのこない美しさ。
目にも美味しい食の彩りを見せてくれます。

 

cropped-RIMG2422-1.jpg
陶磁器の美しさは、
陶石を砕き粘土、石灰に混ぜることで
生まれる透明感、輝きの深みにあります。

この黒の飯碗は
そんな陶磁器ならではの美しさを
もっともシンプルな「黒」という無彩色で
表現しています。

毎日の食卓が
料理と器の彩りの妙により
とても優雅で味わい深い時間となる。
そんな奥の深い感動を伝えてくれる一品です。

 

サンプル品価格 3,000円
直径約130mm、高さ約60mm

ご購入はこちら